NHKに受信料を払う理由は理屈で考えるとわかりやすい

NHKに受信料を払わないでテレビを見たい気持ちもわかりますが、受信料をいただかないとNHKは運営できない建前なので、受信料を払って観ないことにはその存在が危うくなってしまう放送局だと言えると思います。
もし受信料なしで運営しようとすれば国から予算をもらい運営することになるので、公正中立という立場を維持できなくなってしまうでしょう。
なぜなら予算を出してくれる国の圧力をもろに受けてしまうからです。そうすると偏った放送になったり国の宣伝に使われてしまいかねません。
そうならない為には国からの支援はできるだけ拒否し国民から頂いた受信料のみで運営したいので、徴収、徴収と躍起になる気持ちもわかります。
ただそれにしても受信料の水準は問題だと思います。
どう考えても高過ぎるので常に安くするように努力をしている姿勢を見せるようにすれば国民の理解も得やすいのではないでしょうか。
例えば職員の給料を民放並みにすることからやってみてはどうでしょうか。よい人材が集まりにくくなるかもしれませんが、そこは自助努力で何とかしてもらいたいですね。